アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダとは?

アーユルヴェーダと聞いても、ご想像がつかない方は沢山いらっしゃると思います。

アーユルヴェーダとは古代インドから伝えられているインド伝承医学の事。 その起源は今から遡ること5000年前。 アーユルヴェーダの原義は アーユル=生命、ヴェーダ=科学という意味を持つ、サンスクリット語なのです。

病気の予防、さらには健康の維持増進や若返り(アンチエイジング)を目的とした、まさに「生命の科学」です。

個々の身体と心の状態を簡単な言語で説明し、自然治癒力を高めて、生きる知恵を教えてくれるものと言っても過言ではありません。 アーユルヴェーダを知っていくと、そのほとんどが日常生活に関係する事であり、身近なものだという事がわかってきます。

日本では、まだ認知度の低いアーユルヴェーダですが、WHO(世界保健機構)が正式に奨励している代替医療の一つでもあります。

インドの風景

アーユルヴェーダの考え方

身体に溜まってしまった毒度(アーマ)は個々に応じたオイルで一度排出しましょう。

そうしなければTV等で評判の健康食品を摂取しても、高い化粧品を使用しても自分が想像したような効果を得ることは難しいでしょう。

心に溜まってしまった毒素(アーマ)も同様です。

心身共に毒素(アーマ)を排出してクリアな状態で次のステップに進む事が大切なのです。

そして、アーユルヴェーダは、ただ単に気持ちが良いマッサージに留まらず、個人差に応じた毒素の溜まらない生活の仕方がわかってくる為、自分でコントロールすることが出来るようになり、健康な生活が送れるようになるのです。

 

身体の奥からきれいにする為に知っておきたい重要ワード!

身体を支える3つのエネルギー(トリドーシャ) 人間の体質や性格はドーシャのバランスによって決まります。

ドーシャにはプラクリティ(生まれ持った本質)とヴィクリティ(過剰)があります。

ヴィクリティになったものをそのままにしておくと、心も身体も健康ではなくなってしまい、病気の原因にもなってしまいます。

当サロンでは、今のおかれている状況や季節等、色々な事が原因で過剰になってしまったヴィクリティをチェックし、それをバランスするオイルを決めてトリートメントを行い、浄化しております。

 

ヴァータ

ピッタ

カパ